親子で創作童話!

「どんぶら」 昔々あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。 おじいさんは、山にペンキを塗りに おばあさんは、川に魚釣りに行きました。 おばあさんが魚を釣っていると川上から「どんぶらこ、どんぶらこ」と大きなトウモロコシ流れて来ました。 「なんとおおきなトウモロコシじゃ~!」とおばあさんはビックリ! 「トウモロコシが大好きなじいさんに食べさせてやろう!」 おばあさんは、大きなトウモロコシを家まで持って帰りました。 じいさんがペンキ塗りから帰って来ると おじいさんもビックリ! 「なんじゃ~このトウモロコシはっ!」 お腹のすいたおじいさんは、「食べよう食べよう!」と トウモロコシを割ろうとしたときトウモロコシから大きな男の子が出てきました。 「いや~これはたいへんじゃ!」おじいさんとおばあさんは大慌てです。 じばらくして、この子に名前を付けることにしました。 「トウモロコシから生まれたからトウモロコシ太郎はどうじゃ」とおじいさんは言いました。 「それじゃ~長くて言いづらいくないかい?」とおばあさんが言いました。 「ん~」と考えたおじいさん「それではコーン太郎だ!」っということでコーン太郎になりました。 またある日、おじさんと友達のしばかりさんと山にペンキン塗に おばあさんは、川に魚釣りに行きました。 おばあさんが魚を釣っていると川上かた「どんぶらこ、どんぶらこ」とスイカが流れて来ました。 「なんとおおきなスイカじゃ~!」とおばあさんはビックリ! 「こんな大きなスイカ!おじいさんに見てあげよう!」と思い持とうとしたけど重くて動きません。 そこへペンキ塗りを終えて帰ってきたお

白布温泉さいと焼き開催!

1月12日㈯に白布温泉さいと焼きが行われました。 たくさんのお客様にご参加いただき賑やかなさいと焼きとなりました。 幸徳院さんの声に合わせ高く燃える炎、今年はあっという間に倒れてしまいましたが お陰で早く餅が焼けました(笑) 白布温泉のさいと焼きは、よし棒の先に餅を刺して焼きその餅を食べると一年無病息災でいらせるそうです。 お客様よりお聞きしたした話では都市部ではこのようなお祭りは行わなんだそうです。 豪快に火を放つお祭りは危ないですもんね。 田舎だからできるお祭り!来年もたくさんの方にお越しいただければ嬉しいです! もちろん一般の方のご参加もOKです!一年お世話になったお札やしめ縄などお持ちいただいてもOKです! 今年一年皆様が健やかで素晴らしい年でありますように。 #白布温泉中屋 #中屋別館不動閣 #白布温泉 #さいと焼き #白布行事 #雪景色 #雪ぼんぼり

白布温泉さいと焼き1/12㈯

白布温泉の新年の伝統行事「さいと焼」に参加しませんか。 1/12(土)19:00より法螺貝を合図にご祈祷が始まります。 さいと焼とは・・・ 藁や萱などを積み上げたところに、御祈祷をおこなって火を点けます。 その際に門松や正月飾り、お札などを一緒に燃やします。 その火で餅を焼き食べることで1年無病息災でいられるといわれています。 白布温泉のさいと焼は高さ5メートル近い、ひと際大きい炎で圧巻です。 天まで届けとばかりに真冬の夜空へ赤々と炎が燃え上がるさいと焼に、ぜひご参加ください。 参加は自由です。沢山のご参加お持ちいたしております。 この日は、日帰りのご入浴時間を延長させていただきます。 #白布温泉中屋

新年明けましておめでとうございます 今年もよろしくお願い申し上げます

年が明けました。皆様にとって健やかな一年でありますよう心よりお祈り申し上げます。 年末年始の寒波で除雪の日々です。手を抜くところは抜かないとと思い我が家の車をそのままにしていたら大変にことに。。。 雪に悩まされることは多々ありますが、お客様の笑顔と優しさに触れると癒されます。感謝感謝です。 白布の湯を絶やすことなく、中屋旅館がたくさんの方に愛されるよう今年一年身を引き締めで頑張ってまいります。何卒よろしくよろしくお願い申し上げます。 #白布温泉中屋 #白布温泉 #雪景色 #中屋別館不動閣

〈日帰り入浴〉時間 13:30~18:00まで 大人 700円 小人 300円(小学生まで) 未就学児 無料

​日本百名山 西吾妻山の玄関口

〒992-1472 山形県米沢市白布温泉(大字関1514)

℡0238-55-2121

白布温泉 中屋別館不動閣

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸